皆さん自身の悲しみに・・・

シータヒーリングのセミナーではヴァイナスタイバルさんにお会いする事ができ、感激アップだったのですが、その前日に、シータヒーリングジャパンのリンクから日本のためのお祈りの動画を見て号泣してしまいましたあせる

 

被災していなくても、毎日悲惨な状況をニュースとして見ているだけで悲しみが溜まっていたのですね。

 

みなさんも、知らず知らずのうちにトラウマとして心に抱え込んでしまっているかもしれません。

 

こちらのリンクから、お祈りが聴けますので見てみてください。

 

日本語訳は関口カオリ(ドルコ)さん
からお借りしました。

 

◆ ◆ ◆

 

皆さん、こんにちは。
今日はTHinkから日本に向けて特別なWebcastを放送します。
日本は今、地震、津波、そして今は放射能汚染の恐怖の中にいます。ですから、今日、日本と、私たちの大切な日本の友人たちに愛と光の祈りを送ろうと思っています。
今、放射能汚染の恐怖の中にいる人たち、そして、津波の被害で苦しんでいる人たち、それは精神的なものも含めてですが、その人達にも送ろうと思います。

これまで、このような祈りやグループヒーリングをしてきた人たちもいると思います。
また、私たちの元にたくさんの(祈りを求める人たちの)名前も送られてきています。
ですので、今日はそのすべての人たちに祈りを送りますので、同時または後からこのウエブキャストを見ている人たちは、私たちのところに愛と光のボールを送ってもらえるとうれしいです。

私は4月に日本に行くことになっています。日本の人たちは、このような状況下でもクラスを受けたいと思っていてくれているのです。

実際、私たちの友人の何人かは、今でも行方不明なのです(泣いてしまうヴァイアナ)。

今、深呼吸をして7層につながってください。
あたたかいエネルギーが足下から上がってきます。そして、頭のてっぺんまで上がってきます。あなたはそこで光のボールの中にいます。上昇します。あらゆる光をこえ、虹色のゼリー状の層をこえます。キラキラ光る美しい光の中にいます。
そこにあるエネルギーを集めます。そしてコマンドします。
「すべてなるものの創造主よ。アタナハ。日本にいる人々、そして日本に家族がいる人々に愛を送りなさい。彼らが愛を感じられます。そして皆が安全な場所で暮らせます。皆が同胞たちと助け合えます。皆が安全でいられます。ありがとうございます。確かにそうなりました」
集められたエネルギーが送り届けられることを見届けてください。

そして、皆さんもう一つのコマンドをしてください
「すべての放射能の問題は、管理下に置かれ、落ち着きなさい。そして、人々は安全です。過剰な放射能はすべて創造主の光に送られました。ありがとうございます。確かにそうなりました」

日本に創造の光が送られることを見届けます。人々が安全、すべての過剰な放射能が創造主の光に送られることを見届けます。

(ヴァイアナの次女ブランディが入ってきて、世界各国からTHink宛てに日本に送られている祈りを紹介する)

本当にたくさんの祈りが私たちの元に届いています。私はシータジャパンのHPに、これら一つひとつを載せてもらうつもりでいます。そうすることで、日本にいる皆さんはご自分達が一人ではない、たくさんの人が愛を送っている、見守っているということがわかるはずです。

もちろん、私は皆さんがそれぞれの場所で最善を尽くしていることも知っています。

アメリカに流れているニュースのことを紹介します。
アメリカの人たちは、日々伝えられる日本の震災のニュースの中で、人々が見せるたくさんの勇気とお互いを助け合う気持ちに本当に驚いているのです。

そして、世界中のシータヒーラーが日本の皆さんと共にあることもわかっていてください。

もしも日本に祈りを届けたい方がいたら、私たち宛に送ってください。それで、シータジャパンに掲載できます。

(さらにブランディがさらにいろいろな祈りを紹介する)

一緒に祈りたいと思います。
これは、日本の人も含めて、世界中からの祈りです。

地球は今、大きな変化の時にあります。私たちも大きな変化の中にいるのです。その変化をサポートするための祈りです。

もう一度言いますが、私とガイは4月に日本でインストラクターコースを教えます。そこには、たくさんの人が集まってくれる予定になっています。

今回は、他人をいかに支えるか(support)ということをテーマにしたクラスにはるはずです。

(さらに世界中から届いた祈りが紹介される)

日本には、たくさんのシータヒーリングのインストラクターとプラクティショナーがいます。日本にはシータヒーリングのクリニックもあります。それらが受け入れられ、どんどん広がっているのです。

そして、このようなことが起きたとき、日本にいるたくさんの人たちから「このような中でもシータヒーリングを学びたい」という声がどんどん寄せられました。それは、本当に驚くべきことでした。

放射能に関して言うと、皆さんはすでにDNA2のクラス(日本の基礎DNA)でその除去の方法を学んでいます。電磁波除去ということで学んだと思いますが、皆さんは今、それは単に携帯の電磁波除去だけの意味ではなかったとわかったでしょう?

もちろん、水に残っている過剰な放射能も引き抜くことができます。それは、今騒がれている場所だけでなく、どの場所でやってもいいと思います。

できる範囲で、放射能汚染とは何かについて話すと、放射能はヨードに反応します。ですから、ほうれん草やレタス、水や牛乳などに影響を与えるのです。

今から行う祈りでは、それらの食べ物にもフォーカスします。それらから不要な放射能が引き抜かれ、創造主の光のもとに送られるように命じます。

ここで皆さんにご理解いただきたいのは、シータ波に入ることで、私たちは変化を起こすことができるということです。その変化を信じることが必要なのです。

では、深呼吸をしてください。
エネルギーが足下からあがってきて、クラウンチャクラのところであなたは美しい光のボールの中にいます。
あなたは今、この光の中にいて、宇宙をこえていきます。すべてのまばゆい光をこえます。黄金の光もこえます。厚いゼリー状の層をこえます。すべてなるものの創造主につながるキラキラ光る層の中に入ります。

これが創造のエネルギーです。
とても美しく白い光です。
身体の中にちくちくしと溶け合うエネルギーを感じるかもしれません。

そこでコマンドします。
「すべてなるものの創造主よ。不要な放射能を、レタス、水、ほうれん草、そしてあらゆる日本の食べ物から引き抜きなさい。そして、その過剰な数値を今すぐ下げなさい。そして日本の人たち、特に赤ちゃん達は安全になりました。創造のエネルギーが日本を包み、信じられないほどのエネルギーが注がれました。すべての日本の人たちに、無条件の愛と光が届けられ、力が注がれ、素晴らしい日本が新たに再建されました。ありがとうございました。確かにそうなりました」

このウェブキャストは、シータジャパンの宮崎裕之さんの発案で行われることになりました。日本の皆さんに知って頂きたいのは、私たちは距離的には離れていますが、世界中のシータヒーラー達は皆、あなたのそばにいることです。

(ブランディがさらに世界の祈りを紹介する。後に、ヴァイアナの長女のボビーがうつる。別の黒髪の女性が入ってくる)

もしもこれを見ている方で、日本への祈りを届けたい方は、私たちに送ってください。

今日は本当にありがとう。
私たちは、祈り続けます。そして、祈りが変化を起こすことを信じます。

 

◆ ◆ ◆

 

セミナー中も、全員で何度かお祈りしました。ヴァイアナさんも含め、私たちも思わず涙が・・・。

 

セミナー開催前に主催者の方が今回の地震の状況を伝えたところ、何度尋ねても「今行かなくてどうするの?もちろん行きます。」と答えは同じだったそうです。

 

今回は全員にとって特別なインストラクターセミナーとなりました。

 

↓ヴァイアナさんドキドキ
アロマとシータヒーリングでHappyを引寄せ☆ヒーリングサロン ルブラン 東京・目黒-ヴァイアナスタイバル

シータヒーリングの基礎DNAですが、お申込みをいただきましたので平日コースの開催が決定しました音譜

(休日コースは7月16~18日の祝日を含めた3日間です)

 

日時:7月25日(月)から27日(水)の平日10:00~17:00

セミナー料金:45000円

 

◆内容

– 30秒以内に脳波をシータ波にする方法
– 日常の思考パターン(“想い”)を知る方法、思考パターンを変える方法
– 願いの現実化の方法
– ソウルメイトとの出会いを実現する方法
– 自分へのヒーリング、人へのヒーリング、グループでのヒーリング
– 科学と精神性・・・最新の量子力学やDNAの研究とシータヒーリング
– 超感覚的に観る(クレヤボヤンス)・・・
– 身体の問題のある部分を見つけてヒーリングする方法
– 守護天使(ガイド)と話す方法
– 未来をリーディングする方法
– 遺伝を変える方法
– 若さと元気の染色体を活性化する方法
– サイキック・アタックを防ぎ、浄化する方法

 

盛りだくさんですアップ

 

アロマセラピー&ヒーリングサロン ルブラン【目黒駅徒歩4分】

090-9109-5775

関連記事

ピックアップ記事

2014.11.1

統合失調症とアスペルガー症候群が良くなりました

皆さん、こんにちは。シータ認定プロコーチの長谷川暢子です。 シータヒーリングとトリニティのセッションの後、基礎DNAを受講された方から…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る