ジャスムヒーンさんのダークルームに参加してきました@タオガーデン

皆さん、こんにちは。シータヒーリング・インストラクターの長谷川暢子です。

不食で有名なジャスムヒーンさんのダークルームというワークショップに参加してきました。

日本にいらしたときにワークショップに参加したことがあるのですが、20年間ご飯を食べないで生きているジャスムヒーンさんと一緒にいると、不思議なことにお腹空かなかったのです。

そこから、不食に興味を持つようになりました。

 

ダークルームとは、暗闇で無言でご飯食べないで9日間瞑想するという、なかなかコアな瞑想リトリートになります。

今回参加の目的は、自分がプラーナ(気)だけで生きる経験をすることと、その上で食べることと食べないことの選択肢を持つ自由を手に入れることでした。

 

リトリートが行われるのは、タイのチェンマイにあるタオガーデンという素敵な場所なのですが、

暗闇を作るため、会場はシールドされていて中は真っ暗です。

セッションが毎日中央の部屋で行われるのですが、自分の場所を決めて暗闇の中、手探りで見つけ出さないといけません(笑)

私は日本人、ブラジル人との3人部屋でした。

サイレントなので、基本おしゃべりはできないけれど、日本人と一緒というのは心強かったです。今回、全体で6名もの日本人の方が参加してました!

 

消灯した後は、目を閉じても空けても真っ暗!という人生初体験が面白かったです。

化粧品はここ、トイレもシャワーも壁伝い。

全て闇鍋状態!面白い!!!

 

食事は1日3回、ココナッツウォーターのような水のようなフルーツジュースが出ます。これは、希望者のみ飲んでOK。

1日3回、ジャスムヒーンさんがお話ししてくださるのですが、それ以外はやることもなく、ひたすら瞑想です。

 

これが自分にものすごい気づきを与えてくれました。

自分が何を考えているか?何に一番エネルギーを注いでいるか?を恥ずかしくなるほどはっきりと自覚します。

 

私の場合は仕事、仕事、仕事・・・

ああ、なんてサビしい人生なの!

これからの人生は、やりたい事を思いっ切り楽しみ、冒険を楽しむ人生にするぞ!

家族や周りの人たちともっと時間過ごすぞ!と本当に思いましたね。

 

仕事ではなく、愛にエネルギーを注ごうと決意しました。

 

こんな風に9日間の間様々な思考が浮き上がっては消え、自分の人生をこんなにも深く振り返ったり考えたりしたことはなかった時間が過ぎていきます。

 

不食の方はどうだったかと言うと・・・

この9日間で、食に関する考察が深くなり本当に面白い体験をすることができました。

 

まず、ダークルームではプラーナだけで生きれるのがを筋肉反射テストでチェックします。

NGな人がいきなりやると飢えて死にますので・・・怖い

でもジャスムヒーンさんによると人類全員が流動食で生きれるレベルにすでにあるそうですよおねがいビックリマーク

 

「私はプラーナ(気)で100%生きることができます」

で、シータヒーラーのみなさん、チェックしてみてくださいね。

ノーだったら、100じゃなくて90とか80とかパーセンテージを下げてチェックしていきます。

100がイエス、だったらもう食べ物いらない身体です。

私は去年のジャスムヒーンさんのセミナーの時点でイエスでしたが

すごく感情が抵抗してましたね!

 

「えーやだー!食べたい!」って。えーんあせる

なので、エイっと勢いでタイのダークルームまで来てしまいました。

じゃないと、食べること大好きな私は

断食とか一人ではやらない自信があったので(苦笑

 

ジャスムヒーン曰く、脳波がシータ波で常に生活している事が

プラーナで生きる前提だそうです!

(普通の人は脳波がベータ波優位です)

なので、シータヒーラーはかなり確率が高そうです!

 

あとは、食生活。ベジ→ローフード→不食と段階を踏むことを推奨されてました。

瞑想しながら9日間食べなかったわけですが、体重も変わらず、体調は過去最高に良くなったのには驚きました。

「不食は食べてないんじゃないのよ。常にプラーナを食べ続けているのよ。」というジャスムヒーンさんの言葉通り、身体にとって最高の栄養素がプラーナなのだなぁ、と実感。

 

エネルギーが満ち溢れて、免疫が高まった感覚があります。

3日目頃から、手から出てるレイキのエネルギーが強まった感じがして、ずっと痛かった脚をマッサージしたら去年の11月に捻挫していて、整体に行っても良くならなかった痛みが消えました!

今触ったら、どんな病も癒せそうな勢いキラキラキラキラキラキラ

 

ダークルームには、難病治療に来てる方もちらほら。

2回めで背骨が真っ直ぐになった人もいるそうです。

 

実際の血液検査では、瞑想前と後と、血液の状態が良くなってました!

タオガーデンのクリニックで無料血液検査がついてきます。

↓瞑想前

↓瞑想後

ジャスムヒーンも、20年食べてないのに女優さんのように美しく、スタイル抜群で

食べないことの可能性を目の当たりにしました。

↓ダークルームを終えてドキドキ

「私は食べないのではなく、24時間食べてるのよ。

食品添加物も、汚染もされてない完璧な栄養!ビタミンもミネラルも全部入ってるわ!」

確かにビックリマーク

 

2日目ぐらいから食べ過ぎを脱したせいか

調子良くなっていくのですが、たまに、お腹すく感じがするのですよ。(´・ω・`)

 

これは、本当にお腹空いてるのではなく、感情体がお腹空かせてるそうです。

人には

フィジカルな肉体

メンタルな身体

感情体

と3種類身体があるのですが、

感情は食べるのが楽しいし、

メンタルは食べないことが飢えと繋がる恐怖があるし

抵抗するのです。

 

だから、お腹空いた時はそれぞれの体について筋肉反射テストでチェックしていきます。

 

私の場合、空腹を感じた時はこんなでした。

「フィジカルな身体が食べたがっている」→ノー

「感情体が食べたがってる」→イエス

なので、毎日3回のジュースを楽しもう!と心に決めました。

 

人は感情の生き物なので、感情体を満足させてあげないと不食は難しいと感じました。

逆に、何かに夢中になってると、食べるの忘れますよね。

あの感じで常に人生愉しめたら食べ物いらないのかもです。

 

なので人生を楽しみ尽くプラス、食べることは純粋に楽しみのために取っておいて

身体はエネルギーでまかなえることが体験できたので

その両方を使い分けようと思いました。

 

さて、9日間の瞑想ですが3日目にして大きな気づきがあり、その後さまざまな存在が私を訪れてくれるようになり、最後に・・・

 

「最高の私」が出てきました!

今までのイメージと違い、物凄く鮮明で細部までくっきりと観えてきます。

ああ、私が今世目指すべきはここなのだな、と腑に落ちました。

 

そんなダークルームも最終日!!!

目を保護するためにサングラスを渡されて外に出ます!

あらゆるものがキラキラと輝いて、3Dで生き生きと観えました!

眼を休めていたので、視力も良くなり、くっきりと観えます。

その後2日で元に戻りましたが・・・

 

結論

食べなくても体重減らないし

エネルギーに満ち溢れるし

血液の状態は良くなるし

不食をやらない理由はないと思いました。

 

普段は食べていても、不食ができるのであれば食糧危機も怖くないし、何よりもこの9日間で得られたのは不食の経験以上に、自分の人生をこれから変えていこう!という決意と気づきでした。

 

そして、この不食という考え方が世に広まったら、食糧危機がなくなるなと。

是非、あなたも興味があればジャスムヒーンさんの本を読むところから始めてみて下さいね。

 

そして、不食を可能にしてしまうシータ波という、潜在能力を発揮する脳波に興味がある方は、是非シータヒーリングを学ばれてみてください。

 

シータ波に興味がある方はこちら

瞑想に興味がある方はこちら

 

セミナー日程

関連記事

ピックアップ記事

2015.4.6

好きな事は仕事になるのか?

皆さん、こんにちは。シータ認定プロコーチの長谷川のぶこです。 過去、メルマガでお送りした記事ですがまだブログでアップしてなかったのでし…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る