ジャスムヒーンさんの不食瞑想セミナーで学んだ8つの事

みなさん、こんにちは。長谷川暢子(のぶこ)です。

ジャスムヒーンさんのセミナーに4日間参加してきました。

 

20年間何も食べないで不食をされてる方ですが、常々「不食とは何も食べないのではなく、24時間食べてるのよ。」と仰ります。

食べ物ではないから、身体にとって完璧な栄養だと。

それはどうやって可能なのか?ジャスムヒーンさんの本によると、脳波をシータ波にすることで、食べ物でなくプラーナで生きるというような、不可能が可能になる世界に入っていけるとのこと。

シータ波になるには、瞑想や食事を変える、などこれから紹介する8つの事があるのですが、そうしたステップを通じて、究極的には自分が愛そのものであることに気付くことだと、ジャスムヒーンさんと一緒に居ると体験によって理解することができました。

セミナーでお会いして感じたのは、彼女の存在が愛そのものでした。

一緒にいると不思議なことにお腹空かないです。

 

今年の3月に9日間ダークルームという暗闇で、何も食べないで、ひたすら瞑想する(基本サイレンス)ジャスムヒーンさんの瞑想ワークショップに参加して

 

自分が不食できる感覚や、食べてた時より段違いに体調がいいこと

そして9日間瞑想しなければたどり着けない境地にいけてとても満足していました。

 

その時の様子はこちら

今日はジャスムヒーンの瞑想セミナーで学んだプラナーで生きやすくなる8つのポイントをシェアしたいと思います。 

  1. 瞑想
  2. 祈り(宇宙との対話)
  3. プログラミング(ジャスムヒーンさんは元プログラマー!意識・身体にも設定でききるとのこと。)
  4. ベジタリアンの食事(ここからいずれ、プラーナで生きる不食へ)
  5. エクササイズ
  6. 奉仕(周りの人への愛情、奉仕する気持ち。)
  7. 自然の中で過ごす時間
  8. マントラ・聖なる音楽(Ashana、Imee Ooiがおススメ)

まずは、どこからでもできる所から始めるといいと思います。ジャスムヒーンさんが誘導してくださる瞑想動画はYouTubeで無料公開されてますので、気になる方は観てみて下さい。

ダークルームの後、日本に戻ってきて食生活もその時得た感覚も、徐々に戻ってしまい、またジャスムヒーンさんの瞑想的なエネルギーに触れたいな、と思い日本でのセミナーに参加しました。

 

4日間、誘導瞑想中眠くてしょうがなく、ジャスムヒーンさんは、「それはアップデートされてるからよ」と仰ってましたが、なんとも不思議な感覚でした。

 

4日間終わった時に自分が完全に不食の状態にあること、今まで肉体的には受け入れられても、感情的には不食が受け入れられていなかったのが感情体でもOKになったことをはっきりと自覚しました。

 

今では基本不食、でもみんなと一緒の時は食べたり楽しみのために食べる、と食生活も変化しました。

今は時間と気持ちにゆとりができて、非常に快適です。

 

ちなみに不食は脳波がシータ波になっていないと危険というか、死にますので

しっかり見極めてから始めてくださいね、との事です。

 

8つのステップからできる事から始めてみる、瞑想する、ジャスムヒーンさんの本「神々の食べ物」を参考にしたり、ジャスムヒーンさんの瞑想セミナーに参加してみると段階的にやってみてください。

 

そのうち、水もいらない境地になるそうです。

そして、すでに人類は全員リキッドダイエット(固形物を必要としない)段階にあるそうなのでリキッドダイエットから始めてもいいですね。

 

自分が必要とする以上の食べ物を摂らなければ、地球から飢餓がなくなる、地球にやさしいライフスタイルになると思います。

 

是非、実践してみてくださいね。

30秒で脳波をシータ波に変えるシータヒーリングについて興味のある方はこちらをどうぞ。

■今後のセミナー予定は、こちらからどうぞ♪

  1.  

関連記事

ピックアップ記事

2015.2.2

自分のことしか考えない、自分勝手な自分が嫌という人は・・・

皆さん、こんにちは。シータ認定プロコーチの長谷川暢子です。 皆さんは、 「自分のことしか考えない、自分勝手な自分…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る