毛嫌いしてる主人が有難い存在に・・・

こんにちは。ルブランの長谷川暢子です。

先日は、

 

「主人を毛嫌いしていて、一緒に生活していくのが無理ビックリマーク今は離れて暮らしてるけどいすれ老後は一緒に暮らす日が来る。これからもずっと関わっていかないといけないから、なんとかしたい」

 

というクライアントさんがいらっしゃいました。

 

こういう場合は、まず本当に一緒にいたいかどうかを、ご自分でイメージを使って観てもらいます。

 

この方は、離婚する意志はないのがはっきりしたので、そこからセッション開始。

 

ご主人と一緒に居る、メリットデメリットを過去から現在まで探っていきます。

 

そうすると、「一挙手一投足が無理ドクロ」だった彼のことが、

 

嫌だと思ってた彼の嫌なところが実は自分にとって最大のメリットで

 

「私は、彼でないとダメだった。主人は私にとって有難い存在キラキラに変わりました。

 

ニコニコ、すっきりされたクライアントさんの笑顔を見て

 

ああ、人って本当に見方を変えるだけで、まったく違った人生を生きられるんだなぁと改めて思った印象に残るセッションでした。

 

みなさんも、「この人嫌い、無理叫び」って思う人がいたら、その存在が自分にとってどんなに有難い存在なのかはてなマーク何を教えてくれているのかはてなマークという視点から見てあげてください。

 

見方が変容するかもしれませんよ。


アロマセラピー&ヒーリングサロン ルブラン【目黒駅徒歩4分】


090-9109-5775

関連記事

ピックアップ記事

2014.6.13

人生を変容させる学びのコツとは?

皆さん、こんにちは。シータ認定プロコーチの長谷川暢子です。 8月の基礎、9月平日の応用共に満席となりました。ただい…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る