人生を変えるたった一つの方法

みなさん、こんにちは。長谷川暢子(のぶこ)です。

 

どうしてもここでアロマを学びたい!

と何か月も待っていただいてやっと開催したクラス。

 

「他にもアロマセミナーあるのに、どうしてルブランなんですか?」

とお聞きすると、「魂レベルのアロマを学べそうだったのと、

人生を変えてくれそうだから。」とのこと。

 

うれしいですね。(^_^)

 

一番大切に思ってるのは、来てくれる人の人生変えることです。

私もアロマで人生が変わりました。

 

それがどうして可能だったのか?と今になって思うと

 

それは教えてくれた先生が、

私にイメージをさせてくれたからです。

 

当時、先生のセッションが1回120分で35000円。

1日一人お客さんが入っても、それ以下でもごはん食べていけるな~と

今思い出すと笑っちゃうぐらい、ざっくりした計算でした。

 

でもでも、それがすごく大切で。

 

女性はおそらく、お金よりも

好きなことを仕事にしたい!

魂が喜ぶことをやりたい!

が先。

 

だから、ざっくりごはん食べていけるイメージ

持つことすごく重要だと思うのです。

 

そして、「サロンで経験つまないと、

いきなり自分のサロンオープンとかダメですよね?」

と自信がなかった私を

 

「長谷川さんなら大丈夫~♡」

となんの根拠も示さないで、一言言ってくれたこと。

 

信頼していた先生からのその一言があったから、外資系OLから一転、

顧客0、経験0からいきなりサロンをオープンする決心ができました。

 

覚悟が決まったら、その先は早かった。

3か月後にはサロンオープンして

 

 

親にもその当初付き合ってた人にも反対されたけど

全く気にならなかったな~(笑

 

それよりも、上手くいく確信しかなくって

ワクワクしてた。

 

その後、2年間売り上げは上がりっぱなし

気が付いたら先生のセッション料金を追い抜かしてた。

 

今、本当にあの時独立していてよかったと心から思える。

 

あの時反対されたのは、私のやる気を神さまが試したのかな?

って思う。

 

誰かに反対されて自分の人生をあきらめるって本当にナンセンス。

というより、たぶん自信がないんだと思う。

 

大学受験の時、好きな絵を学びに芸術大学行こうとしたら

母親に反対されて、素直に引き下がった。

 

それは、自分が絵でうまくいくイメージがなかったし

親の反対を押し切るほどの絵に対する確信がなかったから。

 

何より、うまくいかなくてもいい!と思えるほどの

パッションや才能を自分自身、

絵に関して感じていなかったんだと思う。

 

あなたが今感じてる「熱」って何ですか?

 

熱のないところにエネルギーは生まれないし

 

エネルギーがないところにお金や人は集まってこない。

 

何より、自分がつまらないと思う。

 

人生における熱、持って欲しいなぁ!と思う。

 

さて、そんな「人生を変える」アロマセミナー、

ピリチュアルアロマ初級の感想を頂いたのでシェアさせていただきますね。

 

~~~~~~~~~~~~~~~

 

期待通りの、期待以上のアロマのクラスだと思った。

 

惜しみなく、アロマを手に取り、たくさんの

種類を体感させていただけるのは、

もう先生の愛情によるものだと感じ取れた。

 画像の説明

今まで表面的にしか習わなかったアロマ

のことについて深く習うことにより、

アロマが神聖な生き物のように感じられた。

 

好きなアロマをさらに好きになり、

アロマを仕事として選ぶことの迷いはなく

確信へと繋がったと思う。

 

中級、上級へと進んでいき、その時の自分が楽しみです!

先生には、アロマを通じて人生、生き方、あり方も学べた!!

 

 

 

こんな風に受け取ってもらえて、とてもうれしいですね♡

教える内容がアロマでもシータでもレイキでも

 

やりたい事はいつも1つ。

 

その人の魂に沿った生き方に気付いて欲しいなと思います。

そうしたら、宇宙が応援してくれるから。

 

私はいつも、あなたの人生を応援しています。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

 

今後のセミナー予定

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

2015.2.2

自分のことしか考えない、自分勝手な自分が嫌という人は・・・

皆さん、こんにちは。シータ認定プロコーチの長谷川暢子です。 皆さんは、 「自分のことしか考えない、自分勝手な自分…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る