ヒマラヤでアレルギーが治りました!食べ物と思考パターン

ヒマラヤに行ってから、いろいろと変化があって自分自身についてびっくりすることの連続なのですが、そのうちの1つがアレルギーが治ったこと!

 

今までお茶アレルギーで、行きつけのカレーレストランではいつも大好きなチャイ(ミルクティー)の代わりにオレンジジュースを出してもらってました。

 

あらゆるお茶に反応して、緑茶、ウーロン茶、ジャスミンティー、紅茶、、、

全部、飲むと痒くなってたんです。(> <)

chai001

大好きなチャイモ痒くてNGでした・・・(T T)

 

また、小麦粉と砂糖、乳製品をやめるダイエットを2ヶ月間実施。

かなり効果を感じてました。

 

だけどヒマラヤのラダックは小麦粉と乳製品の産地(苦笑

だとは知っていたので、向こうでは諦めて食べることに。

 

地粉だから、日本で食べる輸入小麦のように遺伝子組み換えもされてないし、ポストハーベストもないし大丈夫かなと。

チャイもせっかく現地にいるんだから飲んじゃえと。

 

とりあえず、とれたての乳製品はやばかったです。

パンにバター塗るだけで、なんなんですか〜!!!ってぐらい美味しいのです。

インド 269

発酵したような素晴らしい香りで、チーズもヤクのチーズで美味しい!

それからバター茶と言ってミルクティーに塩とバター入れたものがやみつき!!!

 

こちらがヤク。チーズは濃厚で香り高く、チーズ好きにはたまりません。

こちらがヤク。ヒマラヤを越える時にノソノソと外を歩いてました。チーズは濃厚で香り高く、チーズ好きにはたまりません。

 

お母さんの手打ちうどん、トゥクパにはナッツや豆、ドライフルーツまで入って具沢山。食べるだけで元気になる!

インド 455
手作りのチベットパンも美味しい〜!

インド 469

インド 467

1枚1枚、その場でこねて、焼いてくれます❤

お庭でなったあんずを使った手作りジャム、瓶ごと食べられそう〜!

インド 470

ということで、すっかりチベット料理を堪能したのでした。。。

 

 

そして、気がついたら紅茶アレルギーがすっかり良くなっていたのでした。

 

日本では、「小麦粉はダメ、砂糖はダメ、お茶もダメ」

と、食べ物を決めつけていたな〜と反省したのでした。

 

そういえば妹が焼くパンやお菓子は日本の小麦粉使ってるせいか大丈夫だったし、と思うのでした。

 

食べ物に対する思い込み、見直してみると面白いと思います。

 

そういえば、ペプシを祝福して毎日飲んで糖尿病を治しちゃったシータヒーラーさんがアメリカにいましたね。

その話を本人から直接聞いた当初は、内心「ペプシね・・・うーむ・・・微妙」って思ったのですが、今なら受け入れらます。

 

食べ物を食べないで生きている人がいるのだから、食べ物ってエネルギーだし、いただいた食べ物にどれだけ感謝して受け取れるか。

それが、大事な事なんだと思います。

 

ご飯食べてる時、お肉やお野菜の命に感謝すると、しみじみありがたくご飯がいたけますよね。感謝。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 6月 08日

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

2014.12.3

仕事に対する軸がブレないために必要な事とは?

仕事に対する軸がブレないために必要な事とは? 「モチベーションが上がったり下がったりするのが悩み」 「セミナーを…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る