セラピストさん、ヒーラーさんへ~上手くいく理由~

皆さん、こんにちは。シータ認定プロコーチの長谷川暢子です。

 

明日はリズムを開催。そしてそのまま名古屋でトリニティ教えてきます。

と言っても、まだインストラクターではないので、アシスタントとしての参加ですが。

 

 

リズムは、受講生さんからのリクエストで初開催。

先日開催したアニマルも受講生さんからのリクエスト。

ソウルメイトもリクエスト頂いてるので来年開催予定。

 

ということで、最近リクエスト開催が多いのですが、

実は私は今では多数のセミナーを開催していますが、

自分で始めたセミナーって1つもないんです。

 

 

アロマもレイキもシータも全部リクエストから

インストラクターになって、教え始めて・・・と

結構ゆっくりゆっくり進んできたんですね。

 

 

 

最初は「レインドロップ教えてください。」とある方からお電話いただき・・・

「セッションしてるんだから、教えられますよね?」

「ハイ。。。そうですよね。。。」(内心ドキドキ)

みたいな(笑

 

 

レイキも同じで、クライアントさんからリクエスト頂き、

その時は慌てて芦屋までマスターコースを受講しにいきました。

 

 

シータヒーリングは本当に矢のように皆さんからリクエストを頂いて

インストラクターコースに申し込んだら

100人のキャンセル待ちでそこからさらに1年待って・・・。

とりあえず基礎と応用だけ取って、毎年少しづつ教えられるコースを増やして

と、超のんびりコースを歩んできました。

 

 

 

 

思うに、これが成功の秘訣かもとふと思ったので今日はそのことをシェアしますね。

 

 

つまり、最初からニーズがあるものを私は無意識にやっていて、

ニーズがあるからお客様が集まって下さり、次も開催して、それが続いて今がある。

 

 

逆に、集客やビジネスで苦労されてる方は、もしかしたらニーズ

があるかどうか分からないで始めちゃって、

「あれ?上手くいかないな。。。」って思っているのかもしれませんね。

 

 

何かを始める時、自分が好きなのはもちろん大事ですが、

それだけで「これいいから来てね!」って言うのは、

相手のニーズではない場合もあるので共感してもらいづらいんじゃないかと思います。

 

 

メニューを新しくしてもお客さんが来ない。

そもそも、サロンオープンしても期待した程集客できていない。

 

 

そんな人は、「そもそも、やってることにニーズがあるのか?」

「そして、そのニーズには客観的根拠があるのか?」

一度検証してみてください。

 

「きっと必要とされている。」

「いいと思うんだよね。」

 

は、客観的根拠ではありませんので。

わかりやすいのは、クライアントさんが実際に話した言葉が一番の客観的根拠です。 

 

 

どんなに自分が感動した!いいと思う!と思っても、

お客様が求めてくれなかったら残念ながらビジネスとしては成り立ちません。

 

 

それから、内容はいいのに、メニュー作りが残念だな、と思うこともあります。

クライアントさんに納得感のあるメニュー作り。

常に顧客目線を忘れずに改善を続ければ、必ずクライアントさんに共鳴してもらえます。

 

 

セラピストさんやヒーラーさんは、志が高くて愛に溢れてる人が多いのに

ビジネスがあまり上手じゃなくってやめていく人を見ると非常に残念に思います。

 

 

この「顧客目線」「客観的ニーズがあるか」

意識してやってみてくださいね☆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

2014.11.22

サイキック能力を簡単に延ばす方法とは?

サイキック能力を簡単に延ばす方法とは? それは・・・・ 実はアロマ(香り)を使うことなんです。 本当に超カ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る