アロマを仕事にしたい人は、本当はアロマをやりたい訳じゃない

先日は、プロとしてサロンをオープンさせたい

向けに、セラピスト養成講座を教えていました。

 

今日の記事では

プロとしてサロンをオープンさせたい

すでにアロマやヒーリングを仕事にしているけどうまくいってない

人に、何か参考になるように書いてみますね。

 

セミナー後半、経営について教えるセッションで、

何故サロンをオープンしたいのか?

自分の使命・ミッションについて語るセッションがあるのですが

 

サロンをやっていくうえで一番大切なのがこの部分です。

 

皆さんは表面的には「好きなアロマを仕事にしたい」

「ヒーリング楽しいから仕事にしたい」

というのがスタートですよね。

 

それはもちろん大事なのですが、スタートしたその先には

単にアロマ・ヒーリングを仕事にしたい訳ではないんです。

 

本当は、アロマやヒーリングは単なるツールで、

その先に「人を幸せにしたい」とか

「自信がない人の手助けをしたい」とか

その人のミッション、使命とも言える想いの部分があるのです。

 

その想いが本当の仕事のゴールで、

それさえしっかりと自覚できていたら、

全てはここからスタートさせていけるので

とっても楽なのです♡

 

ここってしっかりと文章化させていくことが大事で

講座の中では後半、時間を取って皆さんに実際に書いてもらっています。

 

プロフィールやブログ、SNSも全部この軸から

発信すればいいし

 

相性のいいクライアントさんは、この「想い」に

共感してくれた人だと思うのです。ドキドキドキドキドキドキ

 

私もお陰様で私の想いに共感してくれた

素敵なクライアントさん、受講生さんに囲まれて

お仕事がとても楽しいです!

 

そんな「想い」をセミナーではそれぞれ語ってもらって

それに対して11つフィードバックしていくのですが

 

そこで受講生さんのお一人が想いを

語りながら泣き出してしました。

 

「ああ、自分も10年前のサロンをオープンする時って

こんな想いに突き動かされて夢中でやっていたなぁ~」

 

と、聴いている私も、彼女の想いで胸が熱くなり

とっても刺激を受けました。

 

彼女の想いは

「自分に自信がなかったのに、

ある時自分の才能を知って自分を好きになれた。

だから、同じように自信がない人、

自分の才能を知らない人にそれを教えてあげたい」

との事。

 

そんな風に言われたらその人の話、もっと聴きたいし

セッション受けてみたくなりますね!

 

そんな彼女から、セミナーの感想を頂いたのでシェアしますね!

 

~~~~~~~~~

 

暢子先生のホームページを見て、

体験0からサロンを始めたと言う事と、

いろんな知識をたくさん知っていそうだから

という理由で、セラピスト養成講座を受講しました。

 

サロンオープンに向けての準備

(メニュー、金額、どのくらいの時期から何をすればいいか)

などを詳しくわかりやすく教えていただけて、本当によかったです。

 

自分の施術を受けた方が良い人、の理由も

「あ、なるほど!自分の想いのままで良いんだ」

と思ったのと、仕事のゴール(使命)ありきと言う

暢子先生の言葉を聞いて自信が持てました。

 

迷いや落ち込んだ時でも

その自分のゴールに向かっていこうと思いました!

 

~~~~~~~~~

 

そう!ゴールがしっかりしていれば

落ち込んだ時、うまくいかない時に

「やるべき理由」がいつも自分を励ましてくれます。

 

たった一人でサロンをオープンしてやっていく。

 

何か言ってくれる同僚も上司もいない。

 

その時に一番大切なのはメンタルであり

やり続けられる動機となる使命なのです。

 

是非、自分は本当は何をやりたいのか?

(アロマ・ヒーリングは単なるツールとして)

を、振り返ってみて下さいね!

 

まだそこが表に出してないなら、とてももったいない事です。

 

是非発信して、想いに共感してくれる「仲間」

ともいえるクライアントさんと出会って

幸せなサロンライフを手に入れてください。

 

いつも、応援しています。

 

今後のセミナー予定

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

2015.1.19

「今、何をしたいのかが分からない」方へ

皆さん、こんにちは。シータ認定プロコーチの長谷川暢子です。 セッションしてて、よくお聞きするのが 「今、何をしたらいいのかわから…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る